スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rewrite ちはやルート感想 

2011, 10. 08 (Sat) 20:39

最近忙しくて更新できませんでした!
10月中は色々と行事があるので更新しにくいかな…
まあとりあえず久しぶりの更新でRewriteのちはやルートの感想を書いていきたいと思います!

ネタバレが100%入ってるのでクリアしてない方は見ないでくださいw

そいでは続きからどうぞ~

【ちはやルート・序盤】
ちはやルート序盤とか書いてますが、勝手に自分が区切ってるだけなので気にしないでくださいw

ちはやルートに入って最初はちはやの家に居候するような所から始まります。
ちはやルートに入る前の共通ルートのあの事件があって危ないから居候するとかそんな感じだったと思います。
正直羨ましいぜ(ぇ

それで居候することになるんですが、成り行きで咲夜と瑚太朗が戦う(喧嘩?)事になります。
しかも家の中で!
瑚太朗はオーロラの剣が凄く斬れるので少し調子に乗ってました。
それを咲夜に馬鹿にされてイラッときて戦う感じなんですが流石咲夜、瑚太朗をすぐに気絶させてしまいます(勿論オーロラ消滅)

序盤はまだ共通ルートが少し入ってる感じでした。
なのでそこまで気が重くもならずw


【ちはやルート・中盤】
物語も中盤に入ると動きを見せ始めます。
咲夜の正体、ガイアの暗殺者、瑚太朗とクリボイログ(テンマ)の戦い、咲夜とキリマンジャロ(テンジン)の戦い、瑚太朗とミドウ(フォゴ)の戦い、鍵について、西九条先生達の正体と目的、瑚太朗の暴走、咲夜の過去…中盤はかなり激動って感じです。
最初から最後までこれが終わったらまた次がある?みたいに思わせるようなシナリオ展開です。
大体のタネ明かしは中盤でされます。
自分が気に入ったのは咲夜の過去と瑚太朗とミドウの戦いです。
何となく咲夜の過去は予想してましたがこういう事か、と納得させられました。
そりゃ「あなたは私の運命だ」って言うよなあって思いましたよ。
これ知らなかったら別の意味にも取れますがw

瑚太朗とミドウの戦いはちはやルートで一番面白いバトル部分だと思います。
にしてもフォゴ、便利だなあ…。
フォゴが一家に一匹いれば一生ヒーターとガスコンロはいりません。
カップめんのお湯沸かすのもフォゴがいれば一瞬です。
でも家に居たら家燃えるだろうなあ…。

それで思ったんですが、ちはやルート自体がRewriteのバトル担当みたいな感じですw
発売前のイメージにしっくりくる感じでした。
て言うか一番最初にやった方が良いルートかも…。

【ちはやルート・終盤】
終盤に差し掛かるともうちはやルートっていうより咲夜ルートですよ。
咲夜ルートで良いんじゃないかって思うくらい咲夜尽くしです。
朱音に聖女がとりついて朱音が狂って(?)魔物を出しまくってきます。
瑚太朗が苦戦したクリボイログや咲夜が倒したキリマンジャロも出てきます。
魔物の数は圧倒的で瑚太朗とちはやだけではとても生き残れない状況…。
そこに、朽ち果て描けている体の咲夜が無理をして空間転移をして瑚太朗達のもとにきます。
そこで咲夜は瑚太朗の全てを認めてちはやを守ってくれと言うような意味の言葉を瑚太朗に伝えます。
そしてちはやには幼少期の質問の答、桜は散るものなんです、と伝え魔物の群れに立ち向かいます。
正直ここは凄く泣きました。
今までこんなにも後ろ姿がカッコいいと思ったキャラはいません。

最後は咲夜が倒れ、魔物のベースに咲夜が使われます。
その魔物は巨大で周囲の大地からエネルギーを吸い取って活動します。
核弾頭を何発も打ちこまないと破壊出来ないほど強大な魔物です。
それでちはやは咲夜と契約してるので刃物を腹に突き刺し、エネルギーを少しでも吸い取ろうとします。
瑚太朗はそれが見ていられなくなり、自分が書き換えすぎて暴走した時の事を思い出します。
咲夜に出来て、自分にできない事は無い、こうして瑚太朗は周りの人の力を借りて咲夜に立ち向かいます。
最後にはちゃんと元に戻るんですが朽ち果てる運命に変わりはありません。
そして私を超えて見たくありませんか?と言われ、最後は綺麗な感じで咲夜は散ります。

それで日常に戻るんですが、最後の最後、ちはやが魔方陣で咲夜を呼び出そうとします。
何度もやってるけど出来なかったのにずっと続けてたそうです。
そして最後、桜が散り、ちはやが花びらを見つめてるCGでちはやルートは終わります。


【感想】
ちはやルートは発売前のRewriteイメージに一番合ってるルートだと思います。
咲夜はRewrite最強のイケメンです。
私的には十分に楽しめたんですが…ちはやと瑚太朗の恋愛描写が少し少ないのがちょっと物足りないです。
ちはやルートは個別ルートの中で3番目くらいに好きです。
Rewriteのファンディスクも出るそうなのでそっちに期待です!

そいでは今日はこの辺で~
次は朱音ルートの感想書こうかな…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。