スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats!について 

2011, 04. 27 (Wed) 00:25

いきなりですが「Angel Beats!」について少し書こうと思います。
まあなぜこんな記事を書くのかと言うと突然見知らぬ人(名前は明かしません)から「Angel Beats!」について書いてほしいとTwitterのDMで来たからです。
見たときは「まさか…少ししか書いてないのにこんな要望来るもんなの?」って少し疑いましたよw
まあ要望は嬉しかったので頑張って書こう…。
正直こういうのを書くのには慣れていないので、いたる所が変な長さになってます。
それと自分の感想を書いているだけにしか見えないところが多々あると思います。(というか全部か…)

ちなみに「Angel Beats!」について全体から見て書くつもりなのでネタバレは100%入っています。
まだ見ていない人やこの記事で初めて「Angel Beats!」を知ったという人は全部見てからで!(覚えてくれてるだろうか…)

では書こうと思います!
「Angel Beats!」の設定

まず登場人物の居る世界は死後の世界です
生前の世界で理不尽な人生を送り、青春時代をまともに送れずに死んだ人間はこの世界に送られて、一般生徒(NPC)と共に学園で青春時代を過ごし現世への未練を無くして「消滅」し、転生します。

簡単に設定を話すとこんな所でしょうか。


キャラクターについて

キャラクターの数は短いアニメにしては多い方だと思います(自分があまりアニメ知らないせいかもしれませんが)
ですが、あまりにキャラクターの数が多いのでゴタゴタしてる、と思う方もいるかもしれません。
実際に良く動くキャラクターは主人公の音無と奏(天使)、そして死んだ世界戦線のメンバーです。
キャラクターの中で鍵となるキャラクター(音無やゆり、奏と日向は除く)は直井でしょう。
直井は最初脇役かと思ってたんですが直井がいなければ音無は記憶を取り戻すこともできませんでしたし、あのような終わり方も無理だったでしょう。
ちなみに、死んだ世界戦線最後の5人の内の1人です。(死んだ世界戦線最後の5人は音無、奏、ゆり、日向、直井です)
その次は鍵と言うほどでは無いかもしれませんが岩沢でしょうか?
岩沢がいなければ消滅の条件で「本人が自分の人生について納得しても消滅する」というのが分からないままだったので。(確かこれで合ってます…よね?)


シナリオについて

さてここからですよ…。
正直、設定やキャラクターについては本当に少ししか書く事思いつかなかったんですよ…。
シナリオについては(多分)少しは語れると思うので頑張りたいと思います!

まずはシナリオの構想から考えたいと思います。
自分はシナリオの構想についてはとてもすごいと思っています。
こんな短いアニメによくここまで詰め込めたなあ…と真面目に思います。
ですが、さっきから少しだけ強調してる(つもり)ですが、アニメの尺が短いです。
なので展開が非常に早く、所々矛盾点があります。
例えばこれは誰しも思ったと思いますが、奏と音無の死んだ時間の矛盾
最終回で奏は「音無の心臓を移植されたから生き延びられた」といったような事を言っています。
そして、その心臓のドナー(音無です)にお礼を言うという理由で世界に留まっていました。
ですが、音無がこの世界に来たのは奏が来た後です。
すると、音無と奏が死んだ時間がおかしくなってしまいます。
何せこう考えると、奏は音無よりも先に死んでいる事になってしまいますから。
まあこれについて自分の見解を述べると…
死後の世界に来るのは意識不明の状態(もう助かる見込みの無い程の意識不明)や植物人間の状態から…と考えるとある程度は理解できます。
まず奏は音無の死ぬ前に意識不明の状態になり、死後の世界へ。
そして助かる見込みが何らかの形で出てきて心臓を移植、ですがそれが失敗しその時点で奏が死んでしまう。
こう考えると音無が来る前に奏が死後の世界にいた理由がわかります。
ですが、この考えだと死後の世界で何故心臓を移植されたと気付いたのか分かりませんし、これだと死後の世界と呼んでいいものじゃなくなってしまうと思うんです。
なので、この点については麻枝さんしか分かりません。
後は短いので感情移入がしにくい、という点でしょうか。
例えばユイが消えてしまう所でも「感動して泣いてしまった」と言う人と「感動はしたけど泣きはしなかった」と言う人が半々くらいで居ると思います。
自分は後者です。
鳥肌は立ったんですが…涙は出てきませんでした。
その時に「もう少しユイを出してくれたり、それかもう少し長かったらな…」と思いました。
1クールでやるとは放送前から分かってましたが話数が少ないと思います。
そこが自分が思う欠点でしょうか。


音楽

音楽については流石と言えます。
特にオープニング曲の「My Soul,Your Beats!」はとても素晴らしい曲だと思います。
歌はあのLiaさんが歌っており、作詞・作曲は麻枝さんがやっています。
最初のピアノの音の部分で鳥肌が立ったという人もいるんじゃないでしょうか?
自分はピアノの音自体がかなり好きなので(弾くのは苦手ですけど)あの時点で鳥肌ブアッって感じです。


総合

総合すると、キャラクターも良いですし、音楽もいいです。
書き忘れてましたがキャラデザも良いと思います。
ですがシナリオの短さ!これを何とかすればさらに良いアニメになったんじゃないでしょうか?
今回のアニメは、1クールで話数も少ないから上手くまとめられてない部分もありました。
ですが今、麻枝さんが「Angel Beats!」のゲームのシナリオを書いており(まだ馬場社長からのGOサインは出ていない様子)ゲームに期待ですね。

こんなところで「Angel Beats!」について終わりたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。